読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬間的に負荷をかける

クライアントの社員さんの仕事の仕方を見ていると気づくことが

あります。実に不効率な仕事をしているなぁ…と。

傍目八目ってことなのかもしれませんが、本人は気づいてないん

です。効率よく仕事をしている社員さんとの違いはなんでしょう。

 

両者と話をして見て思うのは、考えたことを行動に移しているか、

いないかの違いのような気がします。誰しも、もっと楽な方法は

ないだろうか?と考えることはあると思います。そこから、改善

しようとするか、しないかです。

 

効率よく仕事をしている人は、「楽をしたいだけなんです」と

謙遜されますが、改善しているときはハードに働いています。

不効率な仕事をしている人は、「忙しくて改善する暇がないんで

す。」と言い、その通り毎日忙しく働いているんです。

 

誤解を招くかもしれませんが、不効率な仕事をして毎日忙しく働

く人は、ある意味怠け者であると言えるような気がします。

楽をする(効率よく働く)には、瞬間的に負荷をかける必要があ

ります。その負荷をかけないのは怠け者なんです。そして、その

負荷は、そのあとの生み出される時間に比べたら、僅かなものな

のです。

 

人間誰しも、持っている時間は一緒。24時間以上でも以下でも

ありません。金持ちも貧乏人も、健康な人も入院している人も、

ゆっくりしている人も忙しい人も、皆一緒です。だからこそ、こ

の忙しい時代にはタイムマネージメントが重要なのではないでし

ょうか。瞬間的に負荷をかけて、時間を生み出す努力をして欲し

いと切に願います。