読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研修フォロー

仕事において、今や携帯電話やスマートフォンは当たり前の時代。

仕事の質や効率は飛躍的に向上しました。

なのに、「昔は携帯なんてなくても仕事になっていた」なんていうのはお門違い。

それだけ、効率の低い仕事をしていたってことが解ってない言い分ですよね。

同じように、パソコンは当たり前の時代。

さすがに、30年前の電卓の時代が良かったという人はいませんが、本当に仕事の

効率が高くなりました。

とは言え、パソコンの習熟度の格差は大きくて、その差が仕事の効率に直結している

なぁと感じます。

最近行ったエクセル研修のフォローを行なっているのですが、残念に思うことが多々

あります。

習った時には「こんなことができるんだ」と目を輝かせていたのに、仕事に生かして

いない人が多いんですねぇ。

そもそも、業務効率を上げるために教えているのに、新しいことは億劫なのか不効率な

仕事の仕方を継続しているんです。

ちょっと頑張って身につければ後の仕事が楽なのに…

今日のフォローでは、一覧表と単票をそれぞれ入力している業務を発見。

データベース形式で入力しておけば、一覧表も単票もすぐにできるのに…

早速、一度教えたことを復習しながら作って上げると、なんて不効率な仕事をして

いたんだってことに気づいたようで、しきりに感心していました。

「こうやって時間を作っていかなきゃいけないんですね」とか「忙しい…と後回しに

せずに早く練習すれば良かったんですね」とか、私が言いたかったことを全部言って

また目の輝きを取り戻してました。研修のサンプルでは、自分の仕事にすぐに結びつけ

ることができないのかもしれません。こうしてフォローしながら、実際の仕事で

再現してあげることが大切なんですね。

やって見せて、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は育たず…ですね。

一人一人フォローして全体の生産性を上げたいと思います。